ソカタtbm700が墜落。機体についてや墜落した場所、時間は?

事故

ソカタtbm700というプライベートジェット機が8月14日に墜落したそうです。

今回はソカタtbm700が墜落したことについて時間や場所、機体そのものについて調べてまとめてみました。

参考墜落機の操縦席付近で2人発見、死亡を確認 奈良の山中

スポンサーリンク

ソカタtbmの墜落場所と時間は?

14日午後0時15分ごろ、奈良県山添村付近で航空機のようなものが墜落した、と110番通報があった。国土交通省によると、墜落したのは米国籍の単発プロペラ機「ソカタTBM700」とみられ、2人が乗っていた可能性がある。

※朝日新聞より

墜落場所は、

山添村役場によると、現場は同村と奈良市との境付近の山中とみられる。現場から南2~3キロに名阪国道が通り、近くに神野口インターチェンジがある

※朝日新聞より

場所のようです。

乗員は2名だと思われ、現場のコックピット付近で遺体は焼けていたと言います。

乗員2名については大阪市在住の60代男性と50代女性の夫婦とみて身元確認を進めているそうです。

今回墜落したソカタtbm700は、14日正午前に大阪府八尾市の八尾空港を出発し、福島空港に向かうことになっていたそうです。

ソカタtbm700について

今回墜落したソカタtbm700はプライベートジェット機で「ブルージェット」の公式ページには機体についての詳細が載っています。http://www.bluejet.co.jp/lineup/Socata_TBM700.html

以下はそのページの引用文です。

経済的で高性能なターボプロップ機

ソカタTBM700は、フランス・ソカタ社が開発した高性能なターボプロップ機。ジェット機に匹敵する操作性・運航コストと595mの離陸距離の両立を実現した。

最大巡航速度 307 Ktas (568 km/h)
最大巡航高度 31,000 Ft (9,448 m)
離陸距離 1,953 Ft (595 m)
着陸距離 2,133 Ft (650 m)
海面上の上昇率 1分間に572 m
航続距離 1,565 NM (2,898 km)
最大離陸重量 7,394 LBS (3,350 kg)
最大着陸重量 7,024 LBS (3,186 kg)
最大零燃料重量 6,032 LBS (2,736 kg)
最大有効搭載量 1,443 LBS (655 kg)
最大搭乗者数 6 名

Pratt & Whitney PT6A-64

離陸時推力 700 shp (522 kW)

他サイトでは

航空機の設計時には、それは通常のピストン航空機エンジンを、放棄することを決めた理由Socata TBM 700の発電所は、より多くのパワーとスピードを開発することができますターボプロップエンジンを、使用されます。 6の馬力と、この場合の飛行の速度で牽引力を提供することができるターボプロップエンジンプラット・アンド・ホイットニー・カナダPT64A-700 555キロ/hを(飛行の最大速度)です。

必要に応じて、航空機のキャビンは、順番にしても、最大2870キロ(飛行の最大範囲)の距離で、快適な旅客輸送を提供することができ、各個々の顧客に適合させることができます。

とも書かれています。

速度が魅力の機体のようですね。

事故原因について

各サイトの文章を見る限り、今回の事故は機体自体の性能から起こった事故ではなさそうですね。

機体の不良かもしくは操作ミス、乗員も50代と60代ですから操縦者の身体的不調などでしょうか。

まとめ

優雅な旅ができるプライベートジェット機ですが、飛行機は車の操縦とは当たり前に全然違い、風などの影響も考慮しながら飛ばなければなりません。

今回の事故も墜落理由はまだわかっていませんが、空の旅には死の危険があることを留意しておかなければいけません。

コメント