エナウェネナウェ族とは?アマゾンで暮らす民族について!

種族

テレビで紹介されたエナウェネナウェ族。

情報が少ないため紹介できることは少ないですが、調べれるだけ調べてまとめてみました。

参考サイトを下にまとめておきます。

スポンサーリンク

エナウェネナウェ族の暮らし

赤肉を食べない世界でも非常に珍しい先住民族の一つです。彼らの故郷は、ブラジル・アマゾン川流域の末端に位置する美しく、豊かな雨林とサバンナにあり、穀物、蜂蜜、そして何よりも豊富な魚など必要なものすべてが手に入ります。エナウェネ・ナウェは漁労の達人で、雨期に川を横切る複雑なダムを作って大量の魚を捕り、それを特殊な家屋で薫製にします。

森のなかで暮らす民族のようです。

主な食料源は魚のようです。

マトグロッソ州のイケー河の先住民保護区に居住。ブラジル国家文化遺産に登録された風習、yaokwaが残っている。神秘的な世界観、哲学で知られている。

yaokwaは儀式のようですね。そのまま検索しても英語サイトばかりで日本語サイトはなかなかでてきませんでした。

また2005年には、インディオの森が「大豆フロンティア」の進出で破壊され、それに対し「大昔、これは我々の大地だった。今やすべてが終わりとなってしまった。動物は全く姿を消し、この土地は醜くなり始めた。」とカワリ(エナウェネ・ナウェの老人)さんがおっしゃっていたそうです。

まとめ

エナウェネ・ナウェ族に関して、ネットにはほとんど情報がなくテレビ番組「クレイジージャーニー」にてこの種族を知った人も多いのではないのでしょうか。

今回は情報はかなり少なくなってしまいましたが、これで終わらせていただきたいと思います。

新しい情報が入り次第、この記事の更新や新しい記事にまた書こうと思います。

参考サイト

サバイバルニュースhttp://www.asahi-net.or.jp/~vi6k-mrmt/news16.html

ブラジルの先住民https://www.wasabibrasil.com/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E5%85%88%E4%BD%8F%E6%B0%91/

 

 

コメント