ひふみん(加藤一二三)の娘はシスター!豚みたいと話題に!?

芸能

加藤一二三さんは日本の将棋棋士です。愛称の”ひふみん”で最近ではテレビなどでもちょくちょく見かけます。

また一二三さんは「あと何分伝説」などでも有名なのですが、今回は娘さんがシスターで話題になっていましたのでそのことについて調べてみました。

記事の最後の方で「あと何分伝説」についても触れていますので最後までお付き合いください。

この記事中で加藤一二三さんのことを”ひふみん”と書かせていただきます。一二三さんと書いても読みにくい?と思いますので。

スポンサーリンク

シスターの娘さん

ひふみんには3人の娘1人の息子さんがいるのですがそのうちの次女が豚みたいと話題になりました。

シスターで話題になったのは次女の美紀さんです

美紀さんは白百合学園を卒業しその後、修道女(シスター)になったようです。

また卒業した白百合女子大学で准教授もされているそうです。

兄妹には医療関係の仕事についた方もいるらしく、とても優秀な息子さんや娘さんたちですね。

娘が豚みたい!?

なかなか失礼な話ですよね(笑)

ネットで自分の娘が豚みたいと話題になってひふみんはどう思っているのでしょうか?

さて、そうなると気になるのは写真ですよね。

こちらがその写真になります。

左奥の女性が次女の美紀さんです。

確かに少し太めではありますが体型で豚みたいと言われるほどではありませんよね?

どうやら、鼻がひふみん似で少し上向きになっていることから豚に似ていると言われてしまったそうです。

ひふみんのあと何分伝説

将棋では1手に持ち時間があるのですが、ひふみんが口癖として記録係に「あと何分?」と聞くのが話題になり、その決め手となったのがNHK杯の鈴木大介八段戦です。

残り時間は数十秒しかないのに「あと何分?」と聞き、そのやり取りがかなりの回数その手中に行われたので伝説となったようですね。

この光景に解説の森内さんも大爆笑していたそうです。

まとめ

今回はひふみんの娘さんの美紀さんについてと、ひふみんの伝説についてすこし

触れてみました。

娘の美紀さんについては、豚みたいと話題になってしまうのは少し可愛そうな気がします。

女性ですから本人は結構気にしているのではないでしょうか。

ひふみんは将棋界のレジェンドなので今後もテレビなどでは見かけると思います。

かなり自由奔放で面白いと話題になったりしているので一度テレビのひふみんを見てはいかがでしょうか。

コメント