斎藤こず恵が子役時代に出演した番組は?子役時代は超可愛かった!

芸能

こんにちは。

斎藤こず恵さんが子役時代可愛かったのに今は太ってしまって話題になったことがあります。

ですが斎藤こず恵さんは子役時代は国民的人気子役だったようです。

そこで子役時代にどんな番組に出演していたのか調べてみました。

スポンサーリンク

子役時代は何の番組に出ていたの?

子役というくらいですので主にテレビドラマにでていたようです。

wikipwdiaに一覧で出演作品が載っていますが、ここでは有名になったドラマや主演のドラマなどを紹介させていただきます。

wikipediaはこちら

連続テレビ小説「鳩子の海」

※画像引用元http://kazu88312.blog.so-net.ne.jp/2013-10-12

1974年4月1日から1975年4月5日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第14作になります。

こちらでは斎藤こず恵さんは主演の鳩子役を演じていたそうです。 

こちらは最高視聴率53.3%というテレビが情報主流の昔だからこそ出せた脅威の数字ですね。

斎藤こず恵さんの有名な子役作品と言われたらこれ1択なくらい有名な作品だそうです。

それ行け!カッチン

「それ行け!カッチン」は、国際放映製作のドラマでTBS系で昭和50年(1975年)11月24日から昭和51年(1976年)5月31日まで『ブラザー劇場』枠で放映されたドラマです。

こちらでも斎藤こず恵さんは主演のカッチン役を演じていました。

ブラザー劇場では「コメットさん」以来、子供が主役なのは初だそうです。

それくらいすごい子役さんだったということではないでしょうか。

子役時代は超可愛かった!

今では太ってしまっている斎藤こず恵さんですが、子役時代はとても可愛かったそうです。

写真がこちらです。

可愛いですね!

可愛さと演技力で子役時代は有名になれたのでしょう!

現代でいう芦田愛菜ちゃんぐらい天才子役だったのかもしれません。

まとめ

今回は子役時代の斎藤こず恵さんについて調べてみました。

子供時代にドラマで主演を取れるのはとてもすごいことだと思いますが、それを2作となると天才子役と言われたのもうなずけますね。

今ではドラマにあまり出演しなくなってしまった斎藤こず恵さんですが、テレビ自体にはまだまだ出演していますので今後の活動にも目が離せません!

コメント