篠原信一の「巨人症」手術は可能?その方法は?

芸能

日本の柔道家、篠原信一さんは皆さんご存知でしょう。

今回は巨人症(別名、先端巨大症)と疑われている篠原信一さんの巨人症について調べてみました。

スポンサーリンク

巨人症の手術は可能?方法は?

巨人症の最も根本的な治療は、下垂体腺腫を手術で取り除くことです。下垂体は鼻から比較的近い部位に存在するため、手術方法は開頭手術ではなく鼻からアプローチする方法が一般的です。手術が難しい場合は放射線治療(サイバーナイフ、ガンマナイフなど)を行います。

ということで手術は可能なようですね。

また手術の方法や安全性に関しては

通常、手術は経鼻的方法(鼻の穴から特殊な器具をさし込んで腫瘍を切除する方法)がとられます。この方法は、脳に直接触れることがないため、熟練した医師が行えば安全性が高く、傷あとも残りません。入院期間も2週間程度で済み、早期の社会復帰が可能です。ただし、最初の手術がとても重要であることから、下垂体の病気を専門とする脳神経外科での手術が推奨されます。

と死の危険性はなく、傷跡も残らないとのことなので安心して手術をうけることができますね。

そもそも巨人症(先端巨大症)とは?

先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し(=機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。

※wikipediaより

手足や内蔵、顔の一部が肥大する病気のようですね。

また、先端肥大症を放っておくと、死亡する確率が2倍以上になり、寿命が10年前後短くなると言われているそうです。

これは発見しだいすぐに手術したほうが良さそうですね。

発見方法は?

気になる症状がある場合は、内分泌代謝内科や下垂体の病気を専門とする脳神経外科を受診して、医師に相談してみましょう。その際、かかりつけの医師に相談し、専門医を紹介してもらってもよいでしょう。

脳神経外科に行けばいいようですね。

先端巨大症の症状が少しでも見られたらすぐ行くことをおすすめします。

前述したとおり、放っておくと死に関わる病気ですからね。

まとめ

今回は篠原信一さんに疑いのある巨人症を紹介しました。

最終的に死にまつわる病気でとても恐ろしいと感じました。

発見も特徴を知っていればあまり難しくないようなので身近な人に巨人症の疑いがある人がいたらすぐに知らせてあげてください。

 

コメント